幼児教育は、天才児を育てるのではなく潜在的な能力を引き出す事

幼児教育で大切な考え方は、人は本来知識欲が強く様々な内容を学びたいという思いを持ち合わせている考え方にあります。
幼児にとって、刺激に対する価値感情は判断ができず、様々な刺激を受けて学びたいと思っている物です。
大人の価値観で幼児を叱りつけると、幼児の脳は、刺激を受けて学ぶ事は悪い事だと判断を行い、学ぶ事は悪い事だと判断をしてしまう可能性もあります。
幼児教育を行っている教室の多くは、この点に対して意識を向け、刺激を受け学ぶ事は良い事だと言う教育を行う事が一般的です。
天才児を育てるのでは無く、学ぶ事の楽しさを教える教育にあります。
そこにはもちろん、先生の笑顔は大切な物となります。
学ぶ事の楽しさを知る事ができれば、結果的に、様々な内容を自分自身で積極的に学んで行く幼児を育てて行く事が可能になります。
天才とは、今までに存在していない内容を生み出す人です。
秀才は知識が豊富に持ち合わせている人です。
天才児を育てるためには、創造力を必要とするため、粘土遊びやブロック遊びなどを取り入れる幼児教育もお勧めの一つと言えます。
教室に通わせて幼児を育てる場合、教室で行われている考え方を家庭内でも実践して行く事が大切な事と言えます。

幼児教育というおしごと。~こどものためにおとなができること~

平成25年度の内閣府の「我が国と諸外国の若者の意識に関する調査」によると、日本の若者は諸外国に比べ圧倒的に未来に悲観的であるという報告がなされていました。
理由にはさまざまなものが挙げられるとは思いますが、やはり幼児期からの親との関わり、教育は大きなウェイトを占めているのではないでしょうか。
幼児教育は心身ともに健やかな子どもに、そして大人になり、その後の人生を生き抜くための強固な土台となるものです。
体を鍛える、勉学に励む...なにが一番子どもの為になるのか、何が強固な武器と成りうるのか、親御さんも悩み迷うことと思います。
ですが、どれも正解である、と思います。
大切なのは何かを学び、向上する自分を喜べるようになること。
また、そうやって教え導く親御さん自身が幸福を体現していること。
それこそが子どもの心に喜びや希望を与え、未来の為に努力していく人間として成長していく原動力となることでしょう。
「明日は今日よりきっと楽しい。
」そう子どもたちが思えるように我々大人ができること、それはものごとを正しく理解できる学力、忍耐強くものごとに取り組める体力を与えること、そしてなにより未来への夢を描いて見せることではないでしょうか。


Warning: file_get_contents(http://m200b305.f018jp0267.info/random_admin_BB/script/randlink.php): failed to open stream: HTTP request failed! HTTP/1.1 403 Forbidden in /home/qlmpeyj7/public_html/inc/randlink.php on line 12